お勧め

吃音でもできる仕事は?どんな職業があるのか?

吃音があってもできる仕事・職業は?

たとえ吃音があっても成人したら仕事に就かなければいけません。

ですが、どもりと言うハンディがあるとで職種も限られてしまいます。

そこで、ここでは

吃音の人でも働ける仕事や職業

について考えてみました。

仕事を探している人は、ぜひ参考にしてみてください。

吃音でもできる仕事って何がある?おすすめの職業は?

吃音というと、どうしても人と馴染めない場合が多いです。

ですので、営業の仕事や接客業には向いていません。

では、具体的にどんな仕事があるかと言えば・・・

・プログラマー、デザイナー、ライター

・製造業・工場勤務

・警備員・監視員

・事務関係の仕事

これらの職種があります。

プログラマー、デザイナー、ライター

プログラマー、デザイナー、ライターに関しては、自宅でもできる仕事です。

SOHOやフリーランスなどと呼ばれ個人でも働くことも可能。

ですが、それなりに知識や才能がないと難しいと言われています。

会社組織に入ってある程度は学ぶなどする必要があるでしょう。

製造業・工場勤務

製造業・工場勤務では、あまり人と話をしなくて済む仕事です。

仕事内容は、材料や部品を加工したり、組み立てを行い製品を作る。

機械の作成から食品の製造など幅広く仕事はあります。

警備員・監視員

警備員も色々で、道路で交通整理を行ったり、モニターの監視など。

あるいは、どこかのお店で私服警備をすることもあるでしょう。

人と話をすることはほとんどありませんが、体力が必要な仕事でもあります。

事務関係の仕事

事務の仕事といえば、主な内容は、

データ入力や書類の作成・処理・ファイリングなど。

電話の対応もあるのですが、その人の状態によって配慮することも可能でしょう。

最低でも、ExcelやWordの基礎ぐらいは覚えておくといいです。

・・・・

このように吃音があったとしてもできる仕事はいくらでもあります。

ですが、あえて人と話をする仕事に就くのも1つの方法です。

普段から喋るようにすると自然と吃音も改善されるますからね。

これは、慣れによる部分が大きいでしょう。

たとえば、以前、どもりだったけど、今はアナウンサーをやっている人もいます。

つまり、喋る機会を作ることが吃音改善になると言う事です。

あえて営業職とかチャレンジしてみるのもいいのかもしれませんね。

広告

吃音が改善すると話題の方法!

話し方教室に通ったけど吃音が改善されない。

病院で、薬を飲んでもダメだった。

何を試してもどもりが治らない・・・。

こんな悩みを抱えているあなた!

まだ諦めてはいけません。

実は、簡単に吃音が改善すると話題の方法があります。

これまで、なぜ吃音が治らなかったのか?

次のページでその秘密が分かります。

具体的な改善方法も紹介しています。

どもりを改善したい人は、必ず、次のページをご覧ください。

⇒吃音を治したい人はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする