お勧め

吃音で電話ができない?怖い場合の対策とは?

吃音で電話が怖い!

吃音がある人のほとんどは、電話が苦手です。

当然、相手の顔は見えないので、緊張してしまいます。

電話に出る時は、最初の一言で詰まったり、どもりがでる。

なので、怖い?できない?と思ってしまうんですね。

ただ、これって吃音の人だけに限った話ではありません。

最近では若い人でも電話が苦手な方が増えています。

そこで、今回は・・・

吃音で電話ができない?怖い場合の対策

についてお伝えしていきますね。

仕事で電話を使わなければいけない人は、ぜひ参考にしてみてください。

吃音で電話が怖い?できない人はこれで対策しよう!

突然、電話がかかってくると焦ってしまいますよね。

誰かも分からないし、どんな用件なのかも分からない・・・。

どもりがでないかすごく心配・・・。

でも、仕事なんで、出なければいけない。

こんな状況って誰でもあると思います。

この時の対策ですが・・・

・すぐに電話にでない

・電話の録音機能を使う

・多少の吃音は気にしない

これらを実践してください。

すぐに電話にでない

電話が鳴ると急がなければと、すぐに出る人がいます。

しかし、吃音者がこれをやると、どもる確率が高くなります。

なので、電話に出る時には、

受話器を握って、3秒間待ってから出ること!

実は、この3秒という時間がすごく大事です。

一呼吸置くことで落ち着きを取り戻すことができます。

その結果、吃音がでる確率がぐっと下がるんですね。

電話の録音機能を使う

もし、会社の電話で録音機能があるなら必ず使いましょう。

なぜなら、どもりが出ると話しの内容が分からなくなることがあるからです。

自分の吃音を気にして、要件が分からなってはいけません。

録音しておけば後で聞くことができるので安心です。

多少の吃音は気にしない

電話で多少、どもりが出たとしても問題はないです。

相手は、用件が伝わればいいわけで、あなたの吃音は気にしていません。

ですので、電話に集中して話の内容を理解してメモに取ること。

そして、「はい」「いいえ」をしっかり言えるようにしてください。

・・・・

上記の3つを守って、苦手な電話を克服するようにしましょう。

広告

吃音が改善すると話題の方法!

話し方教室に通ったけど吃音が改善されない。

病院で、薬を飲んでもダメだった。

何を試してもどもりが治らない・・・。

こんな悩みを抱えているあなた!

まだ諦めてはいけません。

実は、簡単に吃音が改善すると話題の方法があります。

これまで、なぜ吃音が治らなかったのか?

次のページでその秘密が分かります。

具体的な改善方法も紹介しています。

どもりを改善したい人は、必ず、次のページをご覧ください。

⇒吃音を治したい人はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする