お勧め

吃音でいじめ・馬鹿にされる場合の対処法について!

吃音でいじめ

吃音がある方は、馬鹿にされることがあると思います。

場合によっては、いじめに遭ったりすることもあるでしょう。

ちょっと発音が変だったり、どもりがあるだけでイジメられたら悲しいですよね。

いじめの問題は、子供や学生だけと思われがちです。

しかし、実際は、子供だけでなく、大人でも同じようなことが言えます。

事実、教師による教師いじめが問題になりましたからね。

いじめが原因で学生が自殺するケースもあります。

ですので、イジメの状態を放っておいてはいけません。

いじめの対処法について!

先ず、1つ確認したいのですが、・・・

吃音があることでイジメられたのか?

それとも、

ただ単に馬鹿にされただけのか?

ここをはっきりさせておくべきです。

吃音の事をただ馬鹿にした場合、いじめと捉えてはいけません。

馬鹿にされるのは腹が立ちますが、友達である証拠でもあります。

この場合、その相手と喋り、普通に接してくれるかどうか?

ここを見極めましょう。

人によっては、馬鹿にされただけでイジメと思い込んでしまう事があります。

普通に接してくれたら、それは友達です。

また、いじめに関しても色々です。

例えば・・・

・殴ったり蹴ったり危害を加える行為

・物を隠したり壊す行為

これらがあります。

殴ったり蹴ったり危害を加える行為

酷いイジメでは、殴られたり、蹴られる事もあるでしょう。

スマホで撮影して、それをアップする愚図もいますからね。

この場合、身の安全が第一です。

ですので、まず、逃げることを優先してください。

物を隠したりする行為

物を隠したり壊したりする陰険ないじめもあります。

この場合の対処法としては、何もなかったかのように振舞うことです。

イジメる側は、戸惑っているのを見て笑う愚図ですからね。

・・・・

いじめの対処法としては、相手を徹底的に無視をすることが大事!!

そして、1人で悩みを抱えないで、信頼できる人に相談することです。

仲間を増やせば、いじめの問題も解決してくれます。

確かに吃音の症状があると、笑われることもあります。

しかし、それが原因でイジメられるなら、あなたもそれなりの対応を取りましょう。

決して、泣き寝入りしないしてはいけません。

広告

最新の科学に基づいた吃音改善法!

吃音の症状で悩むあなたへ!

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

をご存じないでしょうか?

このプログラムの考案者は「中村しょう」

実は、この方も吃音で悩まされていた1人。

自身の経験をもとに作り上げた方法は、

最新の科学に基づいた全く新しい吃音改善法です。

何をやるかと言えば・・・

  • 吃音の不安や恐怖を消す
  • 潜在意識を自在にコントロールする
  • 脳から吃音を忘れさせる

 

このプログラは、

1日わずか20~30分あることをするだけ!

やる事は至って簡単な方法です。

そして、

6週間後には、以前と違う自分に出会えます。

 

⇒吃音改善プログラムはコチラ!

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする