お勧め

大人が突然、吃音になる場合は要注意!病気の可能性もある?

大人が突然どもる

大人が突然、吃音になることがあるのか?

一般的にどもりは中高生に多く、大人になってもなかなか改善されないイメージがあります。

でも、大人が急に吃音になる場合には何かしら原因はあります。

そこで今回は、大人が突然、吃音になる原因について考えてみました。

場合によっては病気の可能性もありますので、最近、なんだか喋っていてどもるようになった方は、ぜひ参考にしてください。

大人が突然、吃音になるのはストレスが大きく関係している!

これまで、特に吃音の症状は気にならなかった。

そんな大人が急にどもることはあるのでしょうか?

これは、可能性としては考えられることです。

なぜなら、第一に吃音の原因は、ストレスが挙げられるからです。

例えば・・・

  • 職場が移動になり仕事がはかどらない
  • 残業が多くて寝る時間も短い
  • 夫婦間で問題を抱えている
  • 親の介護で大変
  • 人間関係の悪化

これらがあると強いストレスを受けることになります。

その結果、突然、吃音を発症する可能性が考えられるということです。

この多くは、問題が解決すれば、自然とどもりも改善されるでしょう。

また、ストレスがきっかけで吃音になる可能性もあると思います。

つまり、過度にストレスを抱えている方は要注意ということです。

突然の吃音は病気の可能性もあるので要注意!

大人が突然、吃音になった場合、病気の可能性も考えられます。

それは何かというと「脳梗塞」という命に係わる深刻な病気です。

脳梗塞は、脳の血管が詰まり、発症するとマヒが残ったり、最悪、死に繋がる怖い病気です。

吃音と脳梗塞にはどんな関係があるのか?

実は脳梗塞の前兆には・・・

どもる

喋り方がおかしくなる

ろれつが回らなくなる

このような事があるからです。

他にも脳梗塞の前兆としては・・・

  • 顔の片方が垂れる
  • どちらか片方の手に力が入らない
  • ピントが合わない
  • 急に片方の顔や手がしびれる

などが挙げられます。

喋り方の他にも、突然このような症状がでたら、もしかしたら、脳梗塞の前兆の可能性があります。

この場合は、救急車を呼んでください。

t-PAと言って血栓を溶かし、血流を回復させる治療が受けることができます。

ただし、この治療は、4時間半までに行う必要があります。

血栓が溶けて、血流が改善すれば、マヒも残らずに済むかもしれません。

・・・・

大人が突然、吃音になった場合、ストレスの他にも

病気の可能性もあるということを覚えておきましょう。

広告

吃音が改善すると話題の方法!

話し方教室に通ったけど吃音が改善されない。

病院で、薬を飲んでもダメだった。

何を試してもどもりが治らない・・・。

こんな悩みを抱えているあなた!

まだ諦めてはいけません。

実は、簡単に吃音が改善すると話題の方法があります。

これまで、なぜ吃音が治らなかったのか?

次のページでその秘密が分かります。

具体的な改善方法も紹介しています。

どもりを改善したい人は、必ず、次のページをご覧ください。

⇒吃音を治したい人はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする