お勧め

吃音レベルをチェックしよう!

吃音レベルのチェック

吃音と一口に言っても、軽度の人もいれば重度の方もいらっしゃるでしょう。

もちろん、症状が酷くなれば、どもりの悩みも深くなります。

思う事が言えないとコミュニケーションも取りずらくなりますからね。

そこで、今回は、吃音のレベルはどの程度なのか?

簡単なチェックシートを用意しましたので活用してみてください。

以下の項目に該当が多くなればなるほど、吃音の症状は深刻ということになります。

該当する項目の数をチェックしてください。

□ 1人でいる方が落ち着く

□ どちらかと言えば口下手な方

□ 友達は少ない方

□ どもり症状が酷いと自分で感じる

□ 人と会話して目を合わせるのが苦手

□ 外出しているよりも家にいる方が好き

□ 自分で人見知りだと思う

□ 相手によって話せなくなる

□ どちらかと言えばネガディブ

□ 会話が成り立たないことが多い

□ すぐに返事ができないことが多い

□ 連発してどもることが多い

□ 電話は絶対でたくない

以上です。

目安として、5つ以上ある人は、要注意です。

吃音の症状もそうですが、その他にも対人恐怖症など、

様々な恐怖症になる可能性が高くなります。

また、コミュ障と言って、コミュニケーション障害に陥りやすくなります。

人とコミュニケーションが取れなくなるとさらに症状が悪化することも。

すると引きこもりやうつ病にまで発展することもあるので注意が必要です。

恐怖症にならないためにも、なるべく人と話をするようにしましょう。

話が好きになれば、吃音の症状も気にならなくなるはずです。

広告

最新の科学に基づいた吃音改善法!

吃音の症状で悩むあなたへ!

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

をご存じないでしょうか?

このプログラムの考案者は「中村しょう」

実は、この方も吃音で悩まされていた1人。

自身の経験をもとに作り上げた方法は、

最新の科学に基づいた全く新しい吃音改善法です。

何をやるかと言えば・・・

  • 吃音の不安や恐怖を消す
  • 潜在意識を自在にコントロールする
  • 脳から吃音を忘れさせる

 

このプログラは、

1日わずか20~30分あることをするだけ!

やる事は至って簡単な方法です。

そして、

6週間後には、以前と違う自分に出会えます。

 

⇒吃音改善プログラムはコチラ!

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする