お勧め

大人の吃音はどう向き合えばい? 接し方について!

吃音 接し方

大人の吃音はどう接すればいいのか?

職場に吃音者がいると困ることがありますよね。

例えば、用件を伝えても返事がなかったり、

なかなか喋ってくれない場合など。

こんな時は、仕事もはかどりません。

そこで、ここでは・・・

大人の吃音者にはどのように接すればいいのか?

これをテーマにお伝えしたいと思います。

会社で同じような悩みを持つ方は、ぜひ参考にしてみてください。

吃音がある人の対応について!

先ず、予備知識ですが、吃音には、3種類の症状があります・

簡単には説明すると以下のようなものです。

連続性⇒「あああああありがとう」

伸発性⇒「あーりがとう」

難発性⇒「・・・・ありがとう」

そして、特に困るのは、伸発性や難発性の吃音です。

この症状は、一見するとふざけて喋っているようにも感じますからね。

では、吃音がある人にはどう接すればいいのか?

具体的には・・・

・わざと喋っているわけではない事を理解してあげる

・緊張すると吃音がでる事を理解してあげる

・重度の吃音者には「yes」か「no」で合図を決めること

・暖かく見守ること

これらが大事です。

わざと喋っているわけではない事を理解してあげる

どもったり、喋り方がおかしいとしても、本人はわざとではありません。

本来であれば、どもらずにしっかり喋りたいんですね。

ですが、それができないので悩んでいるのも事実。

どんなに吃音が出たとしても同じ人間です。

なので、喋り方だけで人を評価してはいけません。

緊張すると吃音がでる事を理解してあげる

吃音の主な原因には、緊張が挙げられます。

ですので、安心して話ができる雰囲気を作ることが大事です。

つまり、緊張させないようにするのがポイントということ!

重度の吃音者には「yes」か「no」で合図を決めること

仕事では、急ぐことはよくありますよね。

返事を聞きたいのにもたもたしていては、仕事に支障がでることもあるでしょう。

そんな場合に備えて、あらかじめ「yes」か「no」を合図を決めるといいです。

そうすれば、言葉を発さなくてもいいわけですからね。

暖かく見守ること

吃音がある人は、コミュニケーション不足になりやすいです。

また、上手に伝えることが難しいので失敗することもあります。

ですが、慣れの部分もあるので、温かく見守ることが大事!

コミュニケーションが取れるようになると、普通の人よりも仕事をしてくれます。

社員を上手に育てることができるか?

これは、上司や同僚の対応次第ということを覚えておきましょう。

・・・・

このようなことを実践してください。

そうすれば、吃音者もきっと立派な社会人になってくれるはずです。

広告

最新の科学に基づいた吃音改善法!

吃音の症状で悩むあなたへ!

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

をご存じないでしょうか?

このプログラムの考案者は「中村しょう」

実は、この方も吃音で悩まされていた1人。

自身の経験をもとに作り上げた方法は、

最新の科学に基づいた全く新しい吃音改善法です。

何をやるかと言えば・・・

  • 吃音の不安や恐怖を消す
  • 潜在意識を自在にコントロールする
  • 脳から吃音を忘れさせる

 

このプログラは、

1日わずか20~30分あることをするだけ!

やる事は至って簡単な方法です。

そして、

6週間後には、以前と違う自分に出会えます。

 

⇒吃音改善プログラムはコチラ!

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする