お勧め

吃音の誤魔化し方について!

吃音の誤魔化し方

吃音を誤魔化すにはどうすればいいのか?

どもりがある方は、あまり喋りたくないでしょう。

会話が成立しない時もありますからね。

それに吃音で笑われるとなんだかショックですしね。

そこで、

今回は吃音の誤魔化し方について考えてみました。

どもりがでて思うように喋れない方は、ぜひ参考にしてみてください。

上手な吃音の誤魔化し方について!

吃音の誤魔化し方ですが、以下の方法を試すといいかもしれません。

・相槌(あいづち)を打つ

・話しかけるなオーラを出す

・笑顔で笑って誤魔化す

これらです。

相槌(あいづち)を打つ

吃音を誤魔化す方法としては、相槌を打つやり方があります。

あえて、聞く側になるんですね。

そして、会話の途中に・・・

「うんうん」「そうだね」「わかるわかる」

こんな感じで相槌を打てば会話も成立します。

相手もちゃんと話を聞いると思うので嫌な気はしません。

話しかけるなオーラを出す

あえて話しかけないでとオーラを出すのもいいでしょう。

オーラの出し方としては・・・

・下を向いてうつむく

・相手と目を合わせない

・硬い表情を作る

これで話しかけるなオーラを出すことができますね。

笑顔で笑って誤魔化す

吃音が出てしまうのはある程度は仕方がありません。

実は、その後の対応が大事なんです。

どもりが出たら、笑顔で笑ってみてください。

これは、誤魔化すと言うよりも、

吃音があるから察しろよとさりげなく伝える作戦です。

・・・・

このような感じで吃音を誤魔化してみるのも1つの対処法です。

ただ、このままでは何も解決しないので、吃音改善に向けてトレーニングをすることをオススメします。

広告

最新の科学に基づいた吃音改善法!

吃音の症状で悩むあなたへ!

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

をご存じないでしょうか?

このプログラムの考案者は「中村しょう」

実は、この方も吃音で悩まされていた1人。

自身の経験をもとに作り上げた方法は、

最新の科学に基づいた全く新しい吃音改善法です。

何をやるかと言えば・・・

  • 吃音の不安や恐怖を消す
  • 潜在意識を自在にコントロールする
  • 脳から吃音を忘れさせる

 

このプログラは、

1日わずか20~30分あることをするだけ!

やる事は至って簡単な方法です。

そして、

6週間後には、以前と違う自分に出会えます。

 

⇒吃音改善プログラムはコチラ!

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする