お勧め

吃音は以前のトラウマが原因だった?対策方法はあるのか?

トラウマが吃音の原因

吃音の原因が以前のトラウマによることもあります。

例えば、大勢の前でスピーチをした。

その時にどもって喋ってみんなに笑われた。

実は、こんな経験があるとそれがトラウマとなって、

吃音になることがあるんです。

人間誰でも、緊張して声や手が震えたる事もあるでしょう。

その時に冷やかされたりすると、それがずっと頭に残ってしまうんですね。

そして、同じような状況になると、そのことを思い出す。

すると、トラウマから吃音であったり、対人恐怖症などを引き起こします。

自分では、理解しているけど悪いイメージは頭に残ったまま。

意識すると吃音の症状が出てしまう。

つまり、トラウマがあると悪循環になってしまうと言う事です。

トラウマをなくすことは無理?別の方法で吃音対策を!

トラウマから吃音が出るのであれば、何かしら対策したいところです。

ですが、そう簡単にトラウマをなくすことはできません。

これには訓練やトレーニングを積む必要があります。

呼吸法について!

簡単なところでいうと、呼吸法があります。

深い深呼吸をすると自律神経が整います。

すると落ち着きを取り戻すことができるんですね。

その結果、どもり軽減させることができます。

特に大勢の人の前で喋る時などは、使えるので試してください。

イメージトレーニング

トラウマの対策としては、イメージトレーニングを行うのもいいです。

この方法は、様々な場面で使えることができます。

例えば、スポーツで使う人も多くいますよね。

吃音に限って言えば、頭の中で・・・

・普通に喋ることはできる

・喋ることが楽しい

このような感じでイメトレをするのもいいでしょう。

「吃音がでないように」とイメトレをすると、

逆に意識してどもることあります。

ですので、イメージトレーニングでは、

あえて吃音という言葉を使わないようにしましょう。

トラウマを克服するためにも呼吸法やイメージトレーニングを試してみてください。

広告

吃音が改善すると話題の方法!

話し方教室に通ったけど吃音が改善されない。

病院で、薬を飲んでもダメだった。

何を試してもどもりが治らない・・・。

こんな悩みを抱えているあなた!

まだ諦めてはいけません。

実は、簡単に吃音が改善すると話題の方法があります。

これまで、なぜ吃音が治らなかったのか?

次のページでその秘密が分かります。

具体的な改善方法も紹介しています。

どもりを改善したい人は、必ず、次のページをご覧ください。

⇒吃音を治したい人はコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする