お勧め

早口が吃音の原因になるのか?

吃音は早口が原因?

吃音の原因も色々ですが、早口は関係があるのかどうか?

これは、必ずしも無関係ではありません。

実際に吃音がある方で早口で喋る方は多くいますからね。

はじめに吃音の症状ですが、大きく分けると3種類あります。

具体的には・・・

◆連発性
「あ・あ・あ・ありがとうございました。」◆難発型
「・・・・・・・・ありがとうございました。」◆伸発性
「あーりがとうごーざいました。」

このような感じで分かれています。

その中でも、連発性の吃音の場合、早口が関係していることがあるんです。

連発性の吃音がある人は・・・

頭の回転が早く、言葉を発する口が追い付かず、早口になる。

その結果、連発した吃音が出てしまうということです。

なので、対策としては、ゆっくり喋ること。

ここが大きなポイントです。

ただ、ゆっくり話そうと意識すればするほど、

吃音が出る傾向にあるのも事実でしょう。

ですので、他の対策としては・・・

いきなり喋らない

何を話すのか声に出す前に理解する

ワンテンポおいてから喋る

このような事を意識することが大事です。

また、言いにくい単語などもあると思います

例えば、「ありがとう」で「あ・あ・あ・ありがとう」

このように発音してしまう場合は、

ありがとうの前にワンテンポおくのもいいすが、

他にも単語を増やすのも方法もあります。

・どうも、ありがとう

・いつもありがとう

・本当にありがとう

こんな感じで発音するのもいいでしょう。

他にも言いにくい言葉は別の単語に置き換える方法もあります。

「ありがとう」でどもるなら・・・

・助かりました

・感謝します

・どうもです

こんな感じで喋ってみてはいかがでしょうか?

早口で喋るのではなく、ゆっくりを意識して、

苦手な単語は置き換えるようにして対策してみてください。

広告

最新の科学に基づいた吃音改善法!

吃音の症状で悩むあなたへ!

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

をご存じないでしょうか?

このプログラムの考案者は「中村しょう」

実は、この方も吃音で悩まされていた1人。

自身の経験をもとに作り上げた方法は、

最新の科学に基づいた全く新しい吃音改善法です。

何をやるかと言えば・・・

  • 吃音の不安や恐怖を消す
  • 潜在意識を自在にコントロールする
  • 脳から吃音を忘れさせる

 

このプログラは、

1日わずか20~30分あることをするだけ!

やる事は至って簡単な方法です。

そして、

6週間後には、以前と違う自分に出会えます。

 

⇒吃音改善プログラムはコチラ!

 

 

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする