どもりの治し方!原因から対策まで解説!

あなたも吃音(どもり)でお悩みですか?

この症状があると本当につらいですよね。

できたら今すぐにでも、どもりを治したいところでしょう。

この症状があるだけで、

言いたいことも言えない・・・

どもってしまうから笑われる・・・

喋るのが怖い・・・

こんな状況は、本当に辛いとお察しします。

本来なら、みんなと同じように会話したいですよね。

ただ、この状態を放置していては、何も変わることはありません。

吃音の悩みを解決するには何等かの対策が必要になります。

そこで、こちらでは・・・

どもりの治し方

に注目してみました。

なぜ、吃音の症状がでるのか?

その原因から対策まで詳しくお伝えします。

喋り方がおかしいと指摘される人は、ぜひ参考にしてみてください。

どもりの原因は心理的な要因!

どもりの原因で一般的に言われているのは、

心理的な要因

になります。

心理的な要因には・・・

  • 緊張・不安
  • トラウマ
  • ストレス

これらが大きく関係しているんですね。

どもりは緊張・不安が一番の原因!

緊張不安が原因で吃音が出る事は多くあります。特に話が苦手な方ほど緊張や不安になるものです。例えば、人前でスピーチをする時に緊張のあまり、ついどもってしまう・・・。

こんな経験は誰でもあるでしょう。そして、緊張が増せば、さらに、どもって喋ってしまうと言うわけです。

トラウマが原因に?

トラウマも、どもりの原因です。例えば、以前、会話中にどもりが出てしまった。その時に友達に笑われたり、バカにされた。こんな経験はありませんか?

これがトラウマとなってしまえば、なかなか吃音から抜け出す事ができず悪循環となります。

ストレスが原因?

ストレスが原因という場合もあります。人間なら誰でも、ストレスは、抱えているでしょう。ですが、過度に溜まるとそれがきっかけで吃音の症状が出ることがあるんです。

もしも・・・

・人間関係が悪化した

・いつも仕事が忙しい。

こんな場合は要注意です。大人のどもりは、ストレスが大きく関係してますからね。また、ストレス対策としては、体を休ませたり、リラックスする!これらが大切です。

症状を悪化させないためにも無理をしないようにしてください。特に自分に厳しい人は、ストレスを抱え込む傾向にあるので注意しなければいけません。

その他の原因について

その他にも、どもりの原因には・・・

・獲得性神経原性吃音

・発達性吃音

これらがあります。

獲得性神経原性吃音

「獲得性神経原性吃音」といって、神経学的疾患や脳損傷などが原因で発症するケースもあります。

発達性吃音

また、「発達性吃音」というのもあります。これは、発達性吃音は主に幼児が発症するのですが、そのほとんどは、自然に治っていくと言われています。ただ、大人になっても治らない場合もあります。

どもりの原因は、様々な要因が重なる事も多く、一概にこれが原因とは言い切れない部分もあります。

それでも、一般的な原因としては、心理的な要因が大きく関係していることは間違いありません。

どもりを改善させるには?

吃音の治し方について!

原因を理解したところで、どもりの治し方はどうすればいいのでしょうか?

一般的に言われているのが・・・

  • 話し方教室に通う
  • 催眠治療を受ける
  • 薬物治療を行う
  • 言語聴覚療法を受ける

これらがあります。

話し方教室に通う

どもり改善のために話し方教室に通う人もいます。

話し方教室では・・・

・発声練習を行う

・みんなの前でスピーチを行う

このようなことが行われます。

教室に通い、話をする自信がつけば改善に繋がる可能性はあります。ただ、教室で喋れても、外に出れば症状が出る人も多くいるようです。

つまり、根本的な部分は治らないということになります。

催眠治療を受ける

催眠治療は、カウンセリングを行う治療法になります。

主な内容としては・・

・催眠状態にしてどもる認識を排除させる

・スラスラ話をするイメージをインプット

・緊張しないと言う事を頭に叩き込む

こんな感じで治療を行っていきます。

こちらは、催眠にかかる人は効果は期待できますが、残念ながら催眠にかからない人には全く効果はありません。

薬物治療を行う

友利の治し方としては、薬物治療もあります。具体的には、精神科や心療内科に受診することになります。

SSRIと言って、うつ病の方やパニック障害など、これらに悩まれている方に服用される薬が処方されます。薬を服用することで、脳の興奮や緊張が抑えられます。

その結果、どもり改善に役立つと言わています。

但し、これはあくまでも対処療法です。

なので、薬で吃音が治るわけではありません。

言語聴覚療法を受ける

言語聴覚療法は、吃音者や聴覚の障害の症状を把握する。そして、リハビリや訓練を行う治療です。こちらは、言語聴覚士がいる病院に足を運ぶ必要はあります。

具体的には、耳鼻咽喉科・リハビリテーション科などに言語聴覚士は在籍していますが、現状では不足していますので、あらかじめ調べておかなければいけません。

・・・・

このようにどもりの治し方には、いくつか方法はあります。

しかし、

残念ながらどれも根本的にどもりは治りません。

なぜなら、

どもりを改善させるためには・・・

緊張・不安・トラウマ

これらを取り除く必要があるからです。

もし、両親や兄弟と話をして、多少、どもるけど、それほど気にならないというのであれば、どもりの原因は、緊張・不安・トラウマが大きく関係していると思ってください。

要するに・・・

緊張・不安・トラウマがなくなれば、

どもりも気にならくなるというわけなんですね。

どもり改善プログラムで不安・緊張・トラウマをなくす!

どもりの原因は、緊張や不安、トラウマです。

問題は、これらをどう取り除けばいいか?

ここが重要なポイントになります。

自分の意志では、なかなか緊張や不安、トラウマを取り除くことはできません。

間違った方法を行えば、逆に意識してしまい、かえって症状が悪化するので注意が必要です。

そこで、どもりを改善させるあるプログラムがあります。

それが・・・

【M.R.M】吃音(どもり)・改善プログラム

というものになります。

こちらは、どもり改善に特化した方法です。

なので、安心して、緊張や不安、トラウマなどを取り除くことができます。

しかも、ある簡単な事を・・・

1日20分するだけ!

6週間後には吃音が気にならなくなる!

既にそんな改善プログラムが実際にあります。

どもりって、人とコミュニケーションが取れなくなることもありますし、笑われたり、いじめの対象になるのも事実なんですね。

それが原因で引きこもり状態になったり、場合によってはうつ病に発展する可能性もあります。そのような事態にならないためにも、今のうちに吃音を改善さましょう。

どもらずに喋ることができれば、友達や同僚など対等に話ができますし、笑われたり、いじめに遭うこともありません。

普通の生活ができるので、楽しい人生が待っています。

もちろん、改善プログラムをやるかどうかはあなた次第ですよ。

本気でどもりを改善させたいという人だけ、次のページにお進みくださいね。

⇒どもり改善プログラムはコチラ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする